1.medical B.I.G. net®が目指すこと
〇急性期病院や回復期・慢性期病院からの円滑な患者の転出を目指す。
〇転出転入に不慣れな職員でもスムーズな業務遂行を可能にすることを目指す。
〇在宅や介護施設からも病態に合った入院先が選定可能であること。
〇病院・診療所の外来通院患者に合った在宅医の選択が可能であること。
 
2.これらを行うために適したネットワークの条件を以下のように設定した
〇患者個人を特定できない方法で行えること。
〇多様な施設が参加できる方法であること。
〇各施設が提供できる医療・介護内容を共有できること。 
〇転入転出に関わる職種をして、MSW以外の看護師や事務職員にも使用可能であること。
〇転出可能患者の病態に適した転出先がネット検索できること。
〇患者の病態や居住地から、受け入れ可能な施設が簡単に検索できること。
〇各施設の情報が自施設で簡単に更新できること。
〇検索出来た施設とシステムを通じた折衝ができること。
 
3.これらを満たすシステムを2019年度に構築し、2020年度4月から以下の内容でスタートすることとなった
〇病院、診療所に加えて、まず以下の介護施設が参加して開始する。
 有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、ショートステイ、老人保健施設
〇個人が特定される内容は本システムでは扱われず、クラウドを介したシステムなので、インターネットの接続可能なPCであれば使用可能である。
〇本システムで施設検索を行い、詳細についてはこれまでのFAXや電話で折衝することも可能とする。
〇3か月ごとに行うアンケートにご協力をお願いする。
〇医療施設や介護関連施設を対象としたシステムであり、地域住民は参加対象としていない。また、各施設情報はその時点の担当者が更新した情報であるため、印刷して患者や入所者に配布することは行わない。

(画像クリックで拡大表示)

medical B.I.G. net®に関するご質問やお問い合わせは、medical B.I.G. net®事務局までお願いします。

LinkIcon 株式会社SBS情報システム
湘南西部病院協会に所属する病院のMSWが、システム開発会社のインタビューに答えています。