1.多くの地域に共通する問題点を以下に記す
〇急性期病床にも回復期や慢性期相当の患者が多く入院している。
〇医療区分介護度1の転出先が見つからない。
〇急性期病院と回復期・慢性期病院間では、互いのことをよく知らない。
〇病院と在宅診療所・介護施設間では、互いのことをよく知らない。
〇地域包括ケアシステム構築に中心的役割を有している地域包括支援センターやケアマネジャーは各市町に所属しており、行政区を超えた活動がしづらい。しかし、患者は各行政区を超えて移動しているのが現実である。
〇各市町により介護分野への関わり方が異なっている。
〇地域包括支援センターやケアマネジャーは医療内容の理解に個人差が大きい。
 
2.湘南西部医療圏における問題点として以下の点が挙げられている
〇当医療圏の急性期医療は、救急を含め主要疾患の医療圏内完結率は90%以上と県内でも極めて高いが、急性期医療を終えた患者の転院転出には苦慮している。
〇当医療圏の急性期病院の平均在院日数は15.2日であり、県内平均13.8日よりも長い。(平成28年調査)

(画像クリックで拡大表示)

〇療養病床からの医療区分1の患者に関する退院困難率は、県全体で48%であるのに対し、当医療圏では68%と高率である。(平成29年調査)
○病診連携は進んでいるが、医療・介護連携はMSWとケアマネージャー個人の力量に由来している。

(画像クリックで拡大表示)